FC2ブログ
主にお義父さんとのエッチな事を書いてます。
kirakira
--:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Category:スポンサー広告│ コメント:--│ トラックバック :--
kirakira
kirakira
09:57:39
前回はお義父さんとの事でも旦那さんとの事でもないのに、
みなさんコメントありがとうございました♡
きっとあまりにも私が惨めな感じにうつったんだと思います。
でももう大丈夫です。
みなさんのお陰で大丈夫になりました♡
数少ない(笑)私のブログ読者さま、
いつも本当にありがとうございます♡

では今回はお義父さんとの事を…♡

この前、お義父さんと2人で、
車で大型スーパーに行きました。
前にブログで書いた、
駐車場に止めて車の中でエッチな事をしちゃった所です♡

その時の記憶がお義父さんにもやっぱりあるのか、
普段お外ではあまりされないのに、
ここではお買物中お尻を触ってきたりされました♡

どこに知ってる人が居るかも分からないので、
「お義父さん、ここだとご近所さんも来るし、
気を付けてくださいね。
ご近所さんじゃなくても見られたらマズいですからね。」
と一度だけ言って、
あとはされるがままでいました。
後ろに人が居たら絶対に普通に見られてたと思います。
でも、
年の差夫婦だと思われてるかなーと思う事にしました。
年の差夫婦だとしてもそんなところを見られるのはいかがなものかと思いますけどね(笑)。
ご近所さんとか知ってる人に見られなければいいかなと。
とは言え1階の食料品のフロアではやめてもらいました。

お買物を終えて駐車場に向かう途中、
お義父さんたぶんまた車の中でエッチな事しようとするかもなぁ…と思ったら、
案の定でした♡

でも安売りだった冷凍食品をいくつも買っていたので、
それを理由に早く帰る事を選択。

「るるちゃーん、俺もうこんななんだけど…」と、
助手席でおちんちんを出して見せるお義父さん♡

「お義父さんそんなの出したら見られちゃいますよ(笑)」
「るるちゃんに見て欲しい。触って欲しい。」
「お家に帰ったらしますから♡」
「さみしいなぁ。冷たいなぁ。」
「冷たくないですよ(笑)。はい、しまってください♡」

とは言ったけど、
お義父さんはおちんちんを出したまま。
右手は私の足に置いてたまに左手でおちんちんをいじり、
信号待ちで私のおっぱいを触りながらおちんちんをいじる…みたいな感じで帰宅。

買ったものを冷蔵庫や冷凍庫に入れてる間、
ずっと私に密着して体中を触られていました♡
まるで小さい子供です。

「お義父さんおちんちんだけ出してそんなことしてたら変質者みたいですよ(笑)」
「じゃぁ早くしようよー」
「急いで今しまってますから待ってください♡」
「待ーてーなーいー」
「もーお義父さんいつからそんなに甘えん坊さんになったんですかー♡」
「はーやーくー」

しまう物をしまい、
お義父さんもそれが分かったのか、
ちょっとずつ私のお洋服を脱がし始めました。

お義父さんに手を引かれてソファーへ。

「もーるるちゃん焦らすからー」
「焦らしてないですよ(笑)!」
「いっぱい舐めるよ」
「はい♡」

まずは乳首でした♡
おもいっきり吸い付いてくれました♡

「あっ♡お義父さん!凄い気持ちいいです♡」
「あっ♡あっ♡もっと…♡」
「あーでもいっちゃうかも…!」
「お義父さん私いっちゃう!」
「あっ!いく!いく!」

たぶん30〜40秒くらいでいってしまいました…♡

「気持ちかったの?」
「凄く…♡」
「もっと舐めるよ」
「舐めてください♡」
「いっぱい気持ちくしてあげる」
「してください♡」

お義父さんはまた乳首を重点的にむしゃぶりついてくれました♡
夢中でおっぱいを貪ってくれて、
なんて可愛いんだろうと愛おしくなりました♡

「お義父さん気持ちいいです♡」
「あぁっ♡またすぐにいっちゃうかも…♡」
「いっていいよ。いって。」
「このままだともうすぐいっちゃいます!」
「あっ!お義父さん凄い♡舐めて!いっぱい舐めて!」
「いきます!もういく!あっ♡あっ♡あんっ!」

乳首をちゅぱちゅぱしてくれて、
また私はいってしまいました…♡
する前はそんなにエッチな気分ではなかったのに、
あまりにもお義父さんの舐め方が私好みで堪らなくなりました♡

「気持ちかった?またすぐいったねぇ。」
「お義父さんの舐め方が凄く気持ち良すぎて…♡」
「もっと気持ち良くしてあげる」
「はい♡」

ずっとお預け状態だったからすぐにでもいきたい筈なのに、
お義父さんは2回も私をいかせてくれました♡

でも次はいよいよ………。

「るるちゃんすごいよ。いっぱい出てる。」
「やめてください。言わなくていいです(笑)」
「気持ち良かったんだね」
「お義父さんが凄いから…♡」
「まずここからだな」

お義父さんがクンニを始めました。
ホントはクンニ苦手だけど、
お義父さんにされるのは段々慣れてきました。

「お義父さん…♡」
「美味しいよ…どんどん出て来るね」
「言わないでー♡」
「あぁっ!そこは……♡」
「るるちゃんクリも敏感だよね」
「お義父さんもう挿れてください!」
「何を?」
「おちんちん…です♡」

お義父さんがおちんちんを挿れてくれました♡
実はクリを舐められて感じまくるのが恥ずかしすぎて回避したかったのが本音(笑)。

「るるちゃんぬるぬるだよ!」
「言わないでってば…(笑)」
「るるちゃん気持ちいいよ!」
「あーっ!るるちゃん!」
「私も気持ちいいです♡」

お義父さんがまた乳首を舐めてくれました♡

「るるちゃん乳首コリコリだよ」
「気持ちいい?」
「気持ちいいけどすぐいっちゃうからダメです♡」
「こんなにコリッコリだもんね」
「やめてください(笑)♡」
「感じていいよ」
「るるちゃんのおっぱい美味しい」
「お義父さん私またいきそう!」

お義父さんの腰の動きが一気に加速♡

「いく!お義父さん!私いく!いきます!」
「いいよ!」
「あっ♡いく!」
「あぁ!るるちゃん!俺もいきそう!待って!」
「ダメ!もういきそう…♡」
「あー!待って!いく!いく!俺もいく!」
「お義父さん♡」
「あっ♡もうダメ!いきます!あっ!」
「あー!るるちゃんのおっぱい!ゆっさゆっさしてる!」
「いくよ!俺ももういくからね!」
「あー!るるちゃん!気持ちいい!いく!」

少しタイミングはズレたけど、
ほぼ同じくらいでいきました♡

私の太ったお腹の上に、
あったかーいお義父さんの精子がたっぷりかけられました♡

自分でもアソコの濡れ具合がいつもより凄かったのは分かってたけど、
だから本当におちんちんが入ってる時のぬぷぬぷ感が堪らなく気持ち良かったです♡

おちんちんを挿れてもらう前にいかに濡れるかが大事だなーと改めて思ったりしました♡

みなさんも、
奥さんや彼女さんとエッチする時は、
ご自身が気持ち良くなる為にもまずは相手を気持ち良くさせてあげてくださいね♡
きっと喜びます♡

では、今回も読んでいただいてありがとうございました♡
良かったら、
「読みました」の合図として拍手ボタンを押していただけると助かります♡
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

kirakira
kirakira
21:19:16
この3連休の出来事…。

たまたまタイミングが合って私の乳首舐めてくれるという人が現れました♡
もうほんとにタイミングがバッチリで、
連絡をくれた翌日に会う事になりました。

緊張しながら、
でも旦那さんやお義父さんとは別の人に舐めてもらえるのが凄く久し振りだから、
すっごくコーフンして早めにその場所に向かいました♡
入念におっぱいも洗って行きました(笑)。

早めに行ったのはコーフンしてたからと言うのもあるけど、
そもそも私はその日にそこにお出掛けする予定だったから。
用事があってそこに行きました。
そうしたら連絡くれた人がたまたまその日はフリーで、
尚且つその沿線に住んでいるという人だったので、
トントン拍子で話しが進みました。

もうこの季節だからノーブラでも目立たないし、
指定された通りにノーブラでお出掛けしてました。
ノーブラだったから会う前から1人で勝手にコーフン♡

ところが、
待ち合わせの1時間くらい前だったかな。
私がずっと「ほんとにデブスですよ」と念押ししていたのが急に不安になったと言う事で、
キャンセルされちゃって…。
結局会えず舐めてもらえず帰りました。

でもその日は用事があって良かった。
現地に行ってて何もなく帰るのは悲し過ぎる(笑)。

この前の業者さんといいこの人といい、
運勢?的にこーゆー星のめぐりだったのかも知れないですね。
そう思う事にします♡
デブスなのは事実だからその人の判断も間違ってないし。

モーレツに欲求不満で帰宅したけど、
申し訳ないから旦那さんにもお義父さんにも何も言わず、
1人でコッソリ処理しました♡

写メなど無いし私の顔などはその人に見せてないですが、
このブログを見ていただいているかたで私の乳首舐めてくれる気になるかたはいらっしゃるでしょうかねぇ…。
どうしても傷付くのを最小限にしたいから、
デブスである事はついつい強調したくなります。

気が向いたら舐めてくれると言ってはくれたけど、
多分もう気が向かないでしょうね^^;

せめて痩せなきゃ。
頑張ってダイエットしなきゃ…。
顔は整形しないと無理だし。

デブブスならどっちがマシ?
今の私は両方だからほんとごめんなさいって思います。

今回の事は本当に仕方のない事よね。
その人は何も悪くない。
わたしがデブスなのが悪い。

あ。
なんか変なループしそうだからこの辺にしておきます^^;

また書きますね♡
今回も読んでいただきありがとうございます♡

そう言えば最近「拍手」を押してくれたかたが居たようで。
どなたか分かりませんがありがとうございます♡
励みになります♡
Theme:エッチな告白体験談 Genre:アダルト│ Tag:乳首│ Tag:旦那│ Tag:義父│ Tag:おっぱい│ Tag:欲求不満│ Tag:業者│ Tag:デブス│ Tag:デブ│ Tag:ブス│ Tag:舐め│ Category:番外編コメント:14トラックバック:0
kirakira
kirakira
12:40:36
連休前の点検予約が多く効率良く各家庭をまわれるようにと、
なんと業者さんは2人で来ました…。
2人だと分かった途端に私のテンションダダ下がり(笑)。

ノーブラである事もなるべく気付かれないようにして、
なんとかやり過ごしました。

2人が帰ってからは、
義父さんや旦那さんが帰宅する前に…と
1人エッチしてました♡

いま生理中だしモヤモヤしてばっかり。
短い時間にサクッと2回しました♡

宅急便のように玄関先でしかやり取りしない来客は日常的にそこそこあるけど、
お家の中にあがる事ってあんまりありません。
しかも昨日はお義父さんも居なかったから凄くいい機会だったのに…。

とっても残念でした。

でも、
自分がデブスな事は忘れてないです^^;
昨日の業者さんが仮に1人で来てたとしても、
そもそも私に興味持ってくれる人なんて滅多に居ないですもんね。

ここにも書いたけど、
前に遭遇したエッチ業者さんにまた来てもらいたいなー。
kirakira
kirakira
2017
11/02
15:50:28
いまわが家には私だけですが、
もうすぐケーブルテレビの人が点検?しに来ます。

実は、
ノーブラで待機中…♡
kirakira
kirakira
2017
10/29
20:46:14
ホルモンバランスが悪いのか、
今やたら乳首舐められたいです。

3人でお家でテレビを見て寛いでいるだけなのに、
私だけが1人悶々としてるなんて恥ずかしい。
でもほんとのこと。

乳首舐めてくれるペットとか居たらいいのにな。

うー。
今すぐ、
直ちに舐められたいっ。

今朝ブログを久し振りに更新したから、
それもスイッチだったのかも知れないですね…(^_^;)。
思い出して朝からあそこが濡れちゃって。

2人にバレないように、
自分で乳首触ってみたいと思います(笑)。
kirakira
kirakira
プロフィール

るるさんです

Author:るるさんです
デブでブスでエッチな事が大好きな女です。
旦那さんともよくエッチしてますが、
主に平日の日中は、
同居するお義父さんとエッチなことをしています。
お義父さんとのエッチなこと、
旦那さんとのエッチなこと、
それ以外の人たちとのエッチなこと、
独身時代のエッチなことなどなどを書いています。

kirakira
kirakira
検索フォーム
kirakira
kirakira
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

kirakira
kirakira
QRコード
QR
kirakira
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。